ストレスチェックについて

ストレスチェックとは?

厚生労働省は、従業員50人以上の事務所に対して、メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的としたストレスチェックを平成27年12月1日より義務化しました。

全ての従業員を対象に年一回、ストレス状態の検査を実施し、希望者には医師による面接指導を行い、今の仕事を続けることが難しい人は職場を変えたり、労働時間を短くしたりするなど、適切な就業上の措置を講じなければなりません。

ストレスチェックの義務を怠ると

実施後の報告義務を怠ると罰則(50万以下の罰金)があります。

また、企業として従業員への安全配慮義務を果たしていないと認識され、訴訟などのリスクを負うことにもなります。

常時働く労働者が50人以上いる事業場は、ストレスチェックの実施が義務となります。 ここでいう「常時働く労働者」とは、正社員だけではなく、契約社員やパート・アルバイト、派遣社員も含みます。 以下の項目に当てはまる労働者 (パート・アルバイト・派遣社員含む) を合計して50人以上いる事業場は、年に1回必ずストレスチェックを実施しましょう。

 

メンタルヘルス対策は、企業にとってプラスの施策です!

企業イメージの低下、訴訟リスクの軽減

業務管理上のリスク軽減

組織風土の悪化、モチベーション低下の防止

生産性向上、メンタルヘルス不調は、集中力が必要な仕事ほど影響大

さらに休職になると大きな戦力ダウン

 

クオリード人材派遣では、「こころのミカタ」とデータ連携致します。

「こころのミカタ」は、WEBストレス診断、さらに専門機関によるライン教育などの各種教育・講習や個別カウンセリングなど、セルフチェック~評価~フォローまで包括的にサポートします。

こころのミカタHP

https://www.ninosystem.com/lp/

 

職場の健康リスクの兆候を察知し、メンタルヘルス対策を強力にバックアップします!

システム導入のご相談は「クオリード人材派遣」お問合せページより、お問合せ下さい。

 

人材派遣管理システムは「クオリード人材派遣

お問合せはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

http://www.quo-haken.com/inquiry.html

 

 システム導入時のご不明点や、改善要望等々、

お気軽にご相談下さいます様、お願い申し上げます

 

 

 

ページトップへ戻る