最近みた映画で・・・

最近「オデッセイ」という映画をレンタルビデオでみました。

 

ご覧になった方も多いと思いますが、簡単にいうと火星に1人置き去りにされてしまうという映画です。

 

この先、ネタばれがあるかもしれません・・・・

 

火星は人間が暮らしていくには非常に厳しい環境で、また、1人という絶望的な環境の中でも、ポジティブに生き抜いていく主人公に、心を動かされる映画でした。

 

 

これまで、主人公が過酷な環境で生き残りをかけ、エイリアンと格闘するサバイバル的な映画はこれまでもいろいろ見てきましたが、本作では、未知の環境で「知恵」や「経験」を活かし、科学的に困難を乗り越えていくところがとても印象に残りました。

 

 

フィクションではありますが、非常にリアリティのある描写になってるため、自分だったらって考えると・・・・正直怖いです。

 

同時にそこで感じたのは、

 

自分の「経験」と「知識」をもとに、困難を乗り切る主人公の姿に、エンジニアとしての「あるべき姿」を見たような気がします。

 

私たちもシステムエンジニアとして、「知識」と「経験」を最大限に発揮し、困難なシステム開発に、立ち向かっていかなければならないと考えさせられた映画でした。

 

 

 

 

ページトップへ戻る