無期転換ルールについて

人材派遣業務では、有期労働契約で、雇用契約されてある事例が多くあります。

今回は、労働契約法の改正による、無期転換ルールについて記載します。

 

詳しくは、厚生労働省の無期転換ルールをご参照下さい。

 

有期社員の現状を把握する情報を整備されてますか?

 

有期社員の人数、職務内容、月や週の労働時間、契約期間、更新回数、

勤続年数(通算契約期間)、今後の働き方やキャリアに対する考え、

無期転換申込権の発生時期などを把握しましょう。

そのほか、会社の就業規則において、有期社員の定義が明確になっているか、

正社員、有期社員の労働条件等が就業規則、給与規定等においてどのように規定されているかも確認しましょう。

 

このように有期社員を多く雇用されてある企業様は、

スタッフの管理に、膨大な時間を費やしてしまいがちとなります。

 

クオリード人材派遣では、スタッフの派遣履歴や、就業状態(勤怠履歴)など管理することができ、

スタッフ管理をサポート致します。

 

情報は、一元化されており、データを出力する機能が満載です。

 

スタッフ管理は、派遣会社でも最優先事項とも言えます。

 

システム導入のご相談は「クオリード人材派遣」お問合せページより、お問合せ下さい。

 

人材派遣管理システムは「クオリード人材派遣

お問合せはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

http://www.quo-haken.com/inquiry.html

 

 システム導入時のご不明点や、改善要望等々、

お気軽にご相談下さいます様、お願い申し上げます

 

 

 

ページトップへ戻る