『クオリード人材派遣クラウド』人材派遣会社向け業務管理ソフト、派遣業務の効率化・サポートならおまかせ

クオリード

カスタマイズは必須!業務に合わせた人材派遣管理システムの重要性

 

 

 

デジタル化が叫ばれている中、人材派遣会社でも管理システムを導入している企業も多いですよね。

 

 

しかし実際に導入してみて「使いづらさ」を感じていませんか?

 

 

「現在使ってるシステムに不満がある」

「管理システムを導入したけど、うまく使いこなせない」

「機能が多すぎて逆に使いづらい」

 

 

こういった不満や悩みを解消するためにも、人材派遣管理システムは「カスタマイズができるもの」を選ぶことが重要です。

 

 

今回は、人材派遣管理システムのカスタマイズの重要性について深掘りしていきます。

 

 

システムの導入を検討されてる方、乗り換えを検討されている方は、「カスタマイズができるのか」という点は要確認です。

 

 

最後にカスタマイズが可能なおすすめの人材派遣管理システムも紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

なぜ、カスタマイズできる人材派遣管理システムが重要なのか

 

 

人材派遣管理システムは、自社の業務や時代に合わせて、より使いやすくバージョンアップさせていくことが重要です。

 

 

なぜなら派遣業はひんぱんに改正される法改正や、働き方の多様化に対応しなければならないからです。

 

 

派遣法の改正により、法に準じた書類のアップデートが必要になります。

 

 

そうでなければ、法令違反となりペナルティを受けてしまうリスクもあるのです。

 

 

現在では派遣でもテレワークやフレックス勤務なども普及しており、変化するワークスタイルに順次対応できるシステムでなければなりません。

 

 

また導入時点では気付かなった、実際に使ってから見えてくる課題もあるでしょう。

 

 

導入後にカスタマイズができないと、小さな使い勝手の悪さを改善できず、不満を抱えながらも使い続けなければなりません。

 

 

こういった課題や法改正を含む、時代の流れに柔軟に対応できる人材派遣管理システムを選ぶことが重要です。

 

 

関連記事:失敗しないための人材派遣管理ソフトの選び方

 

 

カスタマイズに対応できないデメリット

 

 

カスタマイズできる管理システムが重要であることが理解できたかと思います。

 

 

ここでは、カスタマイズに対応できない場合のデメリットを考えてみましょう。

 

 

①継続して使うことが難しい


 

 

カスタマイズができないと、ユーザー側がシステムに合わせて業務を変更しなければなりません。

 

 

業務効率を上げるために導入したにもかかわらず、逆に負担となっては本末転倒です。

 

 

システムの機能が導入した当時そのままでは、将来的に継続して使えるのかも不透明でしょう。

 

 

自社の業務に合わせてカスタマイズできるシステムであれば、導入してからでてくる課題にも柔軟に対応でき、長期継続して使うことができます。

 

 

②コンプライアンス対応ができない


 

 

人材派遣会社には、守らなければならない「派遣法」というものがあります。

 

 

この「派遣法」はたびたび改正されるため、そのたびに適切に対応しなければなりません。

 

 

賃金の見直しやフォーマットの変更など、管理システムもアップデートしていく必要があるのです。

 

 

こういった変更に柔軟に対応できないシステムの場合、コンプライアンス(法令遵守)の対応ができなくなってしまうリスクがあります。

 

 

関連記事:令和3年派遣法改正の変更内容と派遣会社・派遣先企業が対応すべきことは

 

 

カスタマイズする前に自社が求めることを整理しましょう

 

 

自社のニーズに合わせてフルカスタマイズしよう!と思っている方は、少し立ち止まって、以下の点を考えてみてください。

 

 

「カスタマイズをして何をどう改善したいのか」

「本当に必要な機能なのか」

「どの程度優先度が高いのか」

 

 

人材派遣管理システムのカスタマイズを検討する上で、考えておきたい点です。

 

 

当然ながらカスタマイズには、追加のコストがかかります。

自社のすべての業務にマッチする、夢のようなシステムを実現することは難しいものです。

 

 

使いづらいと感じているとき、具体的にどう改善したいのかを整理し、優先順位をつけておきましょう。

 

 

お金をかけてカスタマイズしたのに、問題が改善しないなんてこともあり得ます。

 

 

もしくはカスタマイズするまでもなく、ちょっとした工夫で問題が解消することもあるのです。

 

 

カスタマイズする前に、自社が求めること、どう改善したいのかを整理しましょう。

 

 

整理しておくことで、システムの提供会社ともスムーズにやり取りができるはずです。

 

 

かゆいところに手が届く!カスタマイズ事例5選

 

 

ここではよくある、人材派遣管理システムのカスタマイズ事例を紹介します。

 

 

「あったらいいな」の機能が、もしかしたら見つかるかも。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

①請求書の様式変更


 

 

請求書のフォーマットの変更です。

ちょっとしたところで、会社によって必須の項目を追加したり、様式を変更できるといいですね。

 

 

②勤怠データの取り込み口を追加


 

 

勤怠管理システム専用のデータ取り組み口を新しく追加。

データの取り込みがより容易にできるように改善しました。

 

 

③請負管理機能の追加


 

 

大きなカスタマイズ事例の1つ。

顧客特有の管理機能をシステムに追加し、顧客管理をさらに効率化しました。

 

 

④業務別ランクの自動設定


 

 

職種によりスタッフの能力をランク分け、どの職種に就業するかで単価が自動的に変わる仕組みを加えたカスタマイズです。

 

 

⑤スタッフのシフト登録機能を強化


 

 

事前にスタッフの携帯から希望日を登録。

スタッフシフト希望の一覧を表示させることで、タッフの空状況、希望日を確認しながら調整を可能に。

 

 

派遣先からの急な仕事の依頼スムーズに対応でき、業務効率をさらに改善しました。

 

 

カスタマイズもできる、派遣業務に特化した機能がすごい!クオリード人材派遣の特長

 

 

 

管理システムは、自社に合った最適な管理システムを選ぶことが大前提です。

 

 

しかしながら多くの管理システムの中から、自社に最適な1つを選ぶのはなかなか難しいもの。

 

 

そんな方におすすめしたいのが、人材派遣業務に特化した管理システム「クオリード人材派遣クラウド」です。

 

 

カスタマイズはもちろんですが、すでに派遣業務に必要なシステムが備わっています。

 

 

一部の業務だけでなく、スタッフ管理、クライアント管理、受注管理、請求管理、給与管理の煩雑な派遣業務を網羅し、データを統一、集約できます。

 

 

派遣業を知り尽くしたエンジニアが設計しており、まさに人材派遣会社のために作られた管理システムを言えるでしょう。

 

 

導入後は必要に応じてカスタマイズし、より自社の業務に合わせた機能を追加するなどして、さらに業務効率を上げることも可能です。

 

 

すでに使っているソフトとの連携もできるため、既存のシステムを無駄にすることなく、必要な機能を取り入れることができます。

 

 

初めての管理システムの導入をされる方も、乗り換えを検討中の方も、「クオリード人材派遣クラウド」を検討してみませんか?

 

 

▼毎月5社限定の無料体験

柔軟なカスタマイズも可能!派遣業務特化の「クオリード人材派遣クラウド」