事業報告書出力機能のご案内

人材派遣管理システム「クオリード人材派遣」には、

 

人材派遣業における日々の業務に役立つ、

各種書類の出力機能が準備されています。

 

そして毎年6月に提出が必要となる「事業報告書」。

 

クオリード人材派遣」の事業報告書出力機能を使って、

必要書類の作成を効率化してみませんか?

 


事業報告書について


 

毎年6月に提出が義務化されている「事業報告書」。

今年も提出の時期が迫っています。

 

期限までに厚生労働大臣への提出が必要な書類は以下の3種類です。

 

・労働者派遣事業報告書(提出期限:毎年6月30日まで)

 

・労働者派遣事業収支決算書(提出期限:事業年度経過後3か月以内)

 

・労働者派遣事業収支決算書(提出期限:事業年度経過後3か月以内)

 

 

労働者派遣事業報告書では、6月1日現在の状況を報告するため、

 

毎年、6月1日~6月30日の期間に提出を行います

 

期限までに提出できなかった場合、何らかの法的措置がとられることもあり、

期限内に正しく提出することが重要です。

 

 


報告が必要な項目


 

事業報告として提出が必要な3種類の書類のうち、

事業所ごとに提出が必須となる「労働者派遣事業報告書」。

 

報告内容は「年度報告」「6月1日現在の状況報告」の2つで、

それぞれ厚生労働省の定めた項目を報告します。

 

▼「年度報告」で報告する項目

 

・派遣労働者の数

 

・労働者派遣役務の提供を受けた者の数

 

・労働者派遣に関する料金・賃金の額

 

・労働者派遣事業の売上高

 

・キャリアアップに資する教育訓練の実施状況等

 

 

▼「6月1日現在の状況報告」で報告する項目

 

・6月1日現在の派遣労働者が従事する業務別の派遣労働者の数

 

 

適切な運営とその報告が行えていない場合、

労働局による指導が行われることがあります。

提出期限と併せ、事業報告書の内容にも十分な注意が必要です。

 

 


管理システムからワンストップで、事業報告書を作成!
クオリード人材派遣の「事業報告書」出力オプション


 

様々なデータの集計が必要な「事業報告書」。

 

派遣法改正後、大幅な様式の変更が行われ、報告する項目も増加しました。

 

・膨大なデータの集計に時間がかかる

 

・ひとつひとつ項目ごとに集計し、エクセルに入力…

 

といったお悩みでお困りではありませんか?

 

クオリード人材派遣」では、事業報告書出力機能

事業報告書の作成を強力にサポートします!

 

 

事業報告書出力オプションとは…

 

派遣管理システムである「クオリード人材派遣」から、

ワンストップで事業報告書を出力できる機能です。

 

事業報告書における各項目ごとのデータはシステムで集計し、

労働局にて配布されているエクセル様式に合わせ作成!

 

 

作成したデータはエクセル形式のため、出力後の修正編集ももちろん可能です。

 

人材派遣管理システム導入と同時に、事業報告書の作成も効率よく行いましょう!

 

 

来月、2019年4月から施行される働き方改革。

 

日々の派遣業務の効率化に、派遣管理システムの見直しも考えてみませんか?

 

 

 

システム導入のご相談は「クオリード人材派遣」お問合せページより、お問合せ下さい。

人材派遣管理システムは「クオリード人材派遣

お問合せはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

http://www.quo-haken.com/inquiry.html

 

システム導入時のご不明点や、改善要望等々、

お気軽にご相談下さい!

ページトップへ戻る